慶良間諸島・久米島で体験ダイビング

感動ケラマブルーダイビング

離島に憧れている人は、初めてのダイビングは自然の豊富な小さな島でやりたい!という方も多いはず。でも「お金がかかっちゃうから・・初めてなのにそんな贅沢できないな」と諦めていませんか。
この慶良間諸島・久米島は、沖縄本島から日帰りで行けるので、体験ダイビングのメッカでもあるのです。今ではライセンスを所持して年に何回も潜っている先輩たちももともとは体験ダイバー。
そんな先輩たちが残していった感動の体験ダイビングの記録をご紹介します。

新着情報

カスミチョウチョウウオの群れ

【しおみブログ】イルカと並走!座間味島で出会うファッショニスタ達

島を眺める女性

座間味島満喫&ブツブツサンゴ

阿嘉島とケラマブルー

ふらり阿嘉島で

ケラマの海

【あやぴのブログ】ケラマでマンタダイビング!

阿嘉島に向かうボート

【あやぴのブログ】阿嘉島の動物たちとランデブー

ケラマ島のサンドトライアングル

【あやぴのブログ】ウミガメに逢えるサンドトライアングル!

シーサー

那覇観光の翌日はケラマブルー!

座間味島とケラマブルー

アダン下でホエールウォッチング

渡嘉敷島の野崎ポイント

【あやぴのブログ】渡嘉敷島野崎のサンゴでアオウミガメと♪

ボートから見える座間味島

【あやぴのブログ】座間味島に一人旅ダイビング!

慶良間島

【あやぴのブログ】水底まで見える!渡嘉敷島

赤島の真謝ビーチ

Let’s go!! Diving−阿嘉島−

遠くに見える阿真ビーチ

座間味島の阿真ビーチ沖で♪

座間味島の全景

親子で初挑戦の座間味島

阿嘉島のケラマジカ

阿嘉島の長閑な北浜ビーチ前で

慶良間ブルーに見惚れる女性

座間味島で海中散歩!

慶良間諸島と青い海

憧れのケラマブルーで初ダイブ

慶良間ブルーとカラフルな魚

初心者でも満喫できる渡嘉敷島のケラマブルー!

アダン下ポイントに向かうボート

アダン下でフィッシュウォッチング

ニシバマポイントで会える生物

トウモンウミコチョウ

「送電線」で会える生物

慶良間諸島に向かうボート

嘉比島の海底砂漠で幻想空間ダイビング

ハナリ島

ハナリ島で体験ダイビング&海遊びW満喫!

渡嘉敷島の阿波連ビーチからの風景

【体験ダイビングブログ】渡嘉敷島の阿波連ビーチからハナリ島へ

一面イエローの水中

慶良間諸島の生物写真館

パナリポイント

ハナリ島体験ダイビングで会える慶良間のアイドル!

久米島ゆったりダイビング

慶良間諸島からちょっと離れた場所にある久米島は当サイトイチオシの穴場ダイビングスポット。
慶良間諸島は沖縄本島からフェリーで日帰りUターンができるのでシーズン中はいつでも混雑しますが、この久米島は主力の移動手段は飛行機。フェリーでも行けますが日帰りは無理なので自然とダイバーも少なくなります。
しかも、小さな島のわりにダイビングポイントは盛りだくさん。魚の種類もかなり豊富で見たことのあるクマノミのようなメジャーな魚から、変な?生き物までたっぷりと楽しむことができます。

新着情報

【ダイブログ】久米島の可愛いいきもの

おすすめダイビングショップ

渡嘉敷島・座間味島・阿嘉島などからなる慶良間諸島には、広い沖縄エリアのなかでも有名なダイビングポイントがたくさんあります。
したがってダイビングショップもたくさんあるのですが、泊港からボートで1時間もかからないので沖縄本島のダイビングショップも慶良間諸島へのツアーをメニューに入れるのが当たり前になっています。

ここ慶良間に拠点を構えるダイビングショップの利点といえば「ポイントに近い」こと。体験で海に初めて潜る方はボートに乗るのも初めて〜って方が多いはず。
ということは自分が「船酔い」するかどうかも未知数ですよね。その不安を解消するにはボートの移動距離を少なくするのが絶対不可欠です。もし酔ってもすぐに到着するので「船酔いのせいで楽しめなかった」という事態にそうそうなりません。
子供の頃に船酔いした人は、慶良間島で体験ダイブをするなら近くのお店で予約するのがおすすめです。

新着ダイビングショップ

マリンショップ風スタイルのメンバー

マリンショップ 風(ふう)スタイル

おすすめダイビングポイント

慶良間諸島でのダイビングといえば「サンゴ礁の多さ」が最大の魅力。そしてそのサンゴたちは海面に近いところにあるので、体験ダイビングで簡単にカラフルな世界を目の当たりにすることができるのです。
岩礁や洞窟・水路(チャネル)などを楽しみたい人よりも、色鮮やかな熱帯魚や小魚の群れなどを写真に収めてみたい!といった方に特におすすめです。

慶良間諸島

久米島

ケラマ観光

慶良間諸島で有名なのは何と言っても「阿波連ビーチ」。遠浅でちょっとした「サンゴもどき」が砂浜からすぐの場所にあるため、足の着く場所のシュノーケリングでも魚が鑑賞できます。
立ち並ぶショップでは少し遠くにあるハナレ島へのダイビングツアーもやっているので行きあたりばったりで挑戦する人もたくさんいます。宿は少なめですが、その分夜はかなり静かで沖縄離島ののどかさを十二分に満喫できるでしょう。
レンタカーやレンタサイクルなどの移動手段もあるので、海の見える丘展望台やパナリ原展望台・阿波連園地展望台などの絶景めぐりなど、1日かけてじっくり観光することも可能です。
渡嘉敷島から座間味島・阿嘉島をフェリーで巡るのもよし、渡嘉敷島の国立公園を1日かけて楽しむのもおすすめです。

久米島は、メディアでも取り上げられているほどの定番観光アイランド。大きなリゾートホテルからアットホームな民宿まで自分の好みに合わせて宿もチョイスできます。
ダイビングはもちろん海遊び・ドライブ・絶景観光・お土産の買い物まですべてじっくり楽しめるので2〜3泊するのがおすすめ。初日に海に潜って2日目は島巡り、3日目はお土産選び、というのが体験ダイビングをする人におすすめのプランです。